初めてのスポーツバイク(初心者購入ガイド)

バイク・アイテム

こんにちは、Suuです。初めてのスポーツバイク、自転車の選びのポイントや、乗り方、楽しみ方についてご紹介致します!購入場所のポイントやロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクそれぞれの特徴など。

スポーツバイク購入場所

スポーツバイクは色々な種類の店舗で購入することができます。それぞれの店舗のタイプや特徴などをご紹介します。

【スポーツバイク専門店】

シティサイクルの取扱いや修理もやっていないお店が多いです。初心者を寄せ付けない雰囲気の店舗から入りやすい店舗まで様々。
専用のテックエリアやフィッティングエリア、自転車の組み立てや修理メンテナンスの際に必要な専門工具なども充実していて「プロショップ」と呼ばれることもあります。
他店で購入した自転車の修理やパーツ交換など受け付けていない店舗や、メンテナンス費用を別途設定している店舗が多いです。
こういったスポーツバイク専門店は大型自転車量販店などと比べ品数では劣りますが、スタッフとの距離感も近く様々なアドバイスも受けられ、購入後のメンテナンスなども充実しているので、安心して購入できる場所と言えます。

【ネット通販】

当然ながら実際のスポーツバイクを試乗したり、サイズフィッティングしたり、アドバイスを受けたりすることはできません。
その反面、自宅などで手軽に色々な種類のものが選べて価格も安いのが特徴です。
ネットでしか取扱いのないメーカーや、ネットには流通しない実店舗販売専門のメーカーなどもあります。
梱包の都合でハンドルやペダルの取り付けは自分で行う必要があるというケースもある為事前に確認が必要です。
購入後のメンテナンスなどは基本的に受け付けていません。

【大型自転車量販店】

売場面積が広くスポーツバイク専門店とは比較にならないほど種類豊富で様々なタイプの自転車が購入できます。
スポーツバイク専門店に比べると面積に対してスタッフが少ない為、時間をかけてじっくり相談するのは難しい傾向にあります。
オリジナルブランドなどで比較的安い自転車も販売していますが、ネット通販に比べると価格的なメリットは若干劣ります。
最近では出店数も増え気軽に入れるので初心者でも購入しやすいですが、購入後のメンテナンスなど行っていない店舗もあるので注意が必要です。

【家電量販店】

最近では家電量販店の一部コーナーでも、様々なタイプのスポーツバイクを販売しています。
ただメインは家電販売なのでスポーツバイク専門店ほどの本格的なものは無く、専門的なアドバイスやメンテナンスなども行っていない傾向にあります。
シティサイクルや周辺アイテムの販売のみ行っている店舗もあるため確認が必要です。
価格的にはポイント値引きなどもあり、比較的安く購入できるというメリットがあります。

スポーツバイク購入の流れ


初めてのスポーツバイク購入では、分からないことも丁寧に教えてくれて自分に合ったバイクを見つけられ、購入後のメンテナンスなども充実しているスポーツバイク専門店がオススメです。
はじめは敷居が高く入りにくい雰囲気がありますが、入ってしまえば親切丁寧に色々と教えてくれます。

【店舗探し】

購入後のメンテナンスなどを考え、なるべく近所のスポーツバイク販売店を探してみましょう。
店舗によって取り扱っているメーカーなどに違いがある為、好みのメーカーやブランドがあれば、事前に連絡して確認しておきましょう。

【車種・モデル選び】

自転車購入の目的、やってみたいこと、価格帯などイメージしている内容をスタッフに伝えてみましょう。
乗り方や楽しみ方など含め、色々と提案して貰えます。
スポーツバイクのことをよく知らなくても大丈夫です。
何でも気軽に質問して試乗などもさせて貰いましょう。

【フレームサイズ選び】

車種やグレード、カラーなどが決まったら、身長や体格に合わせる他、体の柔軟性や年齢、使用状況なども考慮したうえで、最適なフレームサイズを選ぶ必要があります。
フレームサイズの展開数はメーカーによってバラバラなので、スタッフに相談して決めていきましょう。
女性には女性専用設計の自転車などもあります。

【フィッティング】

身長や股下、体の柔軟性などを計測し、実際に自転車に乗って最適なフォームになるようベストなポジションに調整して貰います。
ハンドルやサドルの位置、角度などは、アーレンキー(六角レンチ)があれば自分で調整することも可能ですが、先ずは基本的なポジションに合わせて貰うのが良いでしょう。

【周辺アイテム選び】

絶対に必要なアイテムから、あると便利なもの、楽しくなるものなど色々あるので、スタッフに相談しながら選んでみましょう。

【納車時使い方説明】

ブレーキや変速機の使い方、空気の入れ方など、基本的な乗車時の確認事項について説明を受けます。

【修理・メンテナンス】

使っていくとパーツ類の消耗や、タイヤの擦り減り、ワイヤーの傷み、ベアリング部分の劣化など、遅かれ早かれ必ず交換時期を向かえます。
修理・メンテナンスは作業を行う前に、交換が必要なパーツの交換や作業内容について見て貰い見積りを貰いましょう(そこまでは基本的に無料の場合が殆どです)。
その後、スタッフと相談しながら修理・メンテナンスを行う部分について決めましょう。
また、簡単なメンテナンスであれば自分でもできるので、チャレンジしてみるのも楽しいかもしれません。

スポーツバイクの種類・特徴

スポーツバイクには大きく3つの車種があり、其々乗り方や楽しみ方、求める要素によって適した車種が異なります。
車種を変えることで色々なロケーションで楽しむことができるの、もスポーツバイクの魅力のひとつです。

【ロードバイク】

人力で最も速く移動できる乗り物です。
舗装路で効率よく長距離を走る、スピードを出す、長時間乗るのに適した自転車です。
最近では従来よりもタイヤが少し太いタイプやディスクブレーキ搭載のタイプも人気となっています。
その疾走感・軽快感は一度乗ると病みつきになるほど。
山道を登るヒルクライムや、100キロ超のロングライドを楽しむのであれば、間違いなくロードバイクがオススメです。

【クロスバイク】

ロードバイクとマウンテンバイクの中間的存在で、舗装路はシティサイクルよりも遥かに軽快で、
街乗りやサイクリングロードなどを走るサイクリングなど気軽に快適にスポーツバイクを楽しめるタイプです。
価格も比較的安いものから出ているので初心者でも始めやすい自転車になります。

【マウンテンバイク】

サスペンションやディスクブレーキ、太いタイヤに頑丈なフレームで、未舗装路やトレイルのような悪路を走行するのに適した自転車です。
舗装路ではロードバイクやクロスバイクに比べ非効率ですが、砂利道や登山道などのコースでは抜群の走破性と安定感です。
長距離サイクリングには向きませんが、キャンプやダウンヒルスポーツ、シティユースなどで使用している方も多くいます。

スポーツバイク必要アイテム

ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなどのスポーツバイクをを安全に楽しむには、お持ちの自転車に合ったアイテムを選ぶ必要があります。
絶対に必要なアイテムから、あると便利なもの、楽しくなるものなど色々あるので、自転車購入時にスタッフに相談しながら揃えるのが安心です。

【先ずは揃えたいアイテム】

・ヘルメット
・グローブ
・アイウェア(サングラス)
・フロアポンプ(専用空気入れ)

【より快適に楽しめるアイテム】

・サイクルジャージ(専用ウェア)
・サイクルシューズ
・サイクルボトル
・ボトルケージ
・サイクルコンピューター

【必要に応じて揃えたいアイテム】

・ライト
・レインウェア
・ワイヤーロック
・エネルギー補給食品

【携帯修理キット】

・サドルバッグ
・携帯ポンプ、CO2カートリッジ
・携帯ツール(六角レンチ、プラマイドライバー)
・タイヤレバー
・チューブ
・パンク修理用パッチ

【メンテナンスアイテム】

・オイル(注油・潤滑)
・ディグリーザー(脱脂・洗浄)
・ブラシ(汚れ落とし)
・ポリッシュ(つや出し・保護)
・自転車ツールセット

【その他アイテム】

・輪行袋
・バックパック
・裾バンド

乗り方・楽しみ方

玄関を開けて外に出れば、無限にスポーツバイクのサイクリングフィールドが広がっています。
サイクリング、レース、イベント参加、アクティビティ走行など、各車種ごとにオススメの乗り方、楽しみ方をピックアップしてみました。
スポーツバイク1台あれば様々なスタイルでライドを楽しむことが出来ます!

【ロードバイクの乗り方・楽しみ方】

・自転車通勤通学
・サイクリング
・ヒルクライム(山岳登坂レース)
・ロングライド(長距離走行イベント)
・グランフォンド(山岳系ロングライド)
・ブルベ(時間制限認定ロングライド)

【クロスバイクの乗り方・楽しみ方】

・街乗り・ポタリング
・自転車通勤・自転車通学
・サイクリング
・ヒルクライム
・ロングライド

【マウンテンバイクの乗り方・楽しみ方】

・街乗り・ポタリング
・トレイルライド(山道走行アクティビティ)
・ダウンヒル(急斜面を高速で下るレース)
・クロスカントリー(原野・丘陵・森林走行ライド)
・トライアル(高低差や傾斜のあるコース走行)

コメントを残す